中小企業をサポートする 会社設立、相続、税務に関してプロ集団が完全サポート

お問い合わせ

税務調査

税務調査は税務申告の総決算です。
税務署はどんな書類でも受け取ってくれます。
市役所や法務局のように、こちらからお願いして出すものではなく、お願いされて提出するものだからです。

受け取ってくれたからそれで完成ではありません。
受け取ってもらってからが重要です。
税務署は申告書を受け取ると、もっと税金が取れないかを調べます。
とれそうなら税務調査を実施するということになります。
それが終わって一件落着ということです。

税務調査には2種類あって、強制のものと任意のものがあります。
通常は任意のものです。
強制のものは令状を持参してきます。もしそうであれば拒むことはできません。言うとおりにするしかないでしょう。

任意の調査も、突然来る場合と予め連絡のある場合があります。
どちらも、こちらの都合で受ければいいのです。しかし、突然来られると向こうもその日に実施するのに必死ですから、その日の調査を断るのには相当な決意が必要です。
税務調査は税金を支払わせるために行います。

税務署の指摘に対して、それの白黒がはっきりしていればそれに従うしかありません。
しかし、私の経験では80%ぐらいが白黒のはっきりしないものです。
これをどうするかが、税理士の仕事です。

最も簡単なのは税務署の言うとおり納税者を説得することです。納税者は知識があまりないため、説得にはかなりの人が従います。
それでは税理士のいる意味がありません。
その税理士が納税者よりであることがまずは重要です

税務署の言うとおりにすれば税金が200万円のところ、もし税理士が頑張れば50万円ぐらいになるようなイメージです。

お問い合せは総務までどうぞ

お問い合わせ

会社設立専用サイト

相続専用サイト

医業専用サイト

後藤会計支援サイト

求人情報

事務所案内

事務所外観

ごとう税理士法人

〒442-0842
愛知県豊川市
蔵子6丁目3番地7
TEL:0533-84-6068
FAX:0533-84-3228

【 対象地域 】

愛知県内(豊川市、豊橋市、蒲郡市、新城市、岡崎市、
名古屋市、田原市、設楽町、
東三河 ・・・)
県外(浜松市 湖西市)

サービス案内

TaxHouse

ごとう税理士法人~所長のつぶやき~

ページトップへ